2018年8月17日金曜日

婚活戦線とハイヒール③

婚活パーティはある意味、激戦のバトルフィールド。
勝負は最初の一瞬で決まり、見た目で「有り」をとれなければ
逆転勝利は無い。
勝負は男性からもらった連絡先アプローチカードの数で、一目瞭然。


知人のシビアな言葉に、しばし考え込んでしまった私であった。
中には、カードを一枚も貰えない女性もいらっしゃるそうで
もし自分がパーティに参加して、一枚もカードを貰えなければ
やはり、相当ショックだろうと想像してしまった。



だが、そもそも婚活パーティに参加する目的は何か。
それは、「結婚を前提としたお付き合いが出来る方と出会う」のが
目的のはずだ。

5分のお話タイムでは、所詮相手の人となりまでは分からない。
婚活パーティでは、兎にも角にも
「相手と出会う」のが最大ミッションなのである。



ならば、出会った相手と連絡先を交換する段階までは
確実に押さえたいところだ。
この際「見た目で女性を判断するなんて。」などと言わず
確実に「見た目で『有り』を取る」戦略を練るべきだ。
「誰からもカードもらえなかった。私って魅力ないのかしら…。」と
自己肯定感をガリガリ削っている場合ではないのである。


まずは戦略ありき。


以前、ある恋愛コンサルタントの方が仰っていたが
「婚活に先の丸いフラットシューズ、特にストラップ付きは厳禁。」
だそうだ。
理由は「幼く見えるから。」
これには非常に納得できる。

多くの女性が、首から上のメイクやヘアには
何時間も費やしても、足元には気を遣わなすぎている。


人生のパートナーとなる女性を探しているのに、
目の前の女性が、幼稚園児の履くような、先の丸いストラップシューズを
履いていたら、男性はどんな印象を持つだろう。
幼い印象は、人生のパートナー探しにおいては不利なのである。




そこでやはり、ハイヒールをお勧めしたい。
実は、前述の恋愛コンサルタントの方は
「天を突くようなハイヒールはNG」
とも仰っていて、ここはハイヒールコーチとしては不本意なのだが。

12センチとはいかなくとも、せめて7-8センチのハイヒールを
きれいに履きこなし、立ち姿の美しい女性がいたら。
それだけで、女性参加者の誰よりも際立って見えるに違いない。


パーティーの当日だけ、気合を入れて
いつもは履かない高さのヒールを履いても
足が痛くなって辛い思いをするだけである。

日頃からハイヒールが履ける身体作りをしておけば
いざという時に勝負ヒールを履いても、余裕で履きこなせる。



何より、ハイヒールで美しく歩く練習をすると
自然と身体の軸を使うようになる。
心と身体は、面白いほど密接に関係しており
身体の軸が確立されると、同時に心の軸も確立されるものだ。

芯の通った、自分軸の女性。
このような女性こそ、人生のパートナーに相応しい。



憧れのウエディングドレスを纏い
ヴァージンロードを美しく歩くためにも
婚活中の女性は、ハイヒールレッスンを受けることを強くお勧めする。



マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana













2018年8月16日木曜日

祈りの日(8月15日に寄せて)

今日は8月15日
73年目の終戦記念日である。

職場の事務室でつけているNHKで
当地時間の午前11時に戦没者追悼式の模様を中継していた。



私が初めて夫の母と会った時
彼女は「子供の頃 日本の歌を習ったよ。」と言って
♪身よ東海の空明けて♪
と、「愛国行進曲」を歌いだした。
私は何と言っていいか分からず、曖昧に笑うしか出来なかった。




マレーシアは戦時中1941年から1945年の間、日本軍の占領下にあった。
それはマレーシアの国民にとって、暗い時だった。
私の夫の父母、そして親戚の多くは、ケダ州アロースター出身だ。
戦時中アロースターにあった飛行場は、日本軍に接収され
夫の父は戦闘機の整備工として徴用された。

町の食料は全て日本軍に差し出さねばならず
住民はわずかな配給に頼るしかなかったそうだ。
幸い夫の父は、アロースターに駐屯していた日本軍の士官に気に入られ
軍用の食料を分けてもらったりしたという。
アロースターに住んでいる夫の叔父、叔母は当時のことを
覚えており、「○○さん(士官の名前)は良い人だった。」と言う。

だが同時に、マレーシアでは中華系を中心として
抗日運動が起こっており、抗日活動に参加した住民には
苛烈な弾圧が与えられた。

町の小学校では日本語が教えられ
義母が歌った歌も、その時習ったものだ。




終戦と言われても、私自身戦争を知らない世代だし
平成生まれの若い方には、なおピンと来ないかもしれない。
だが、何百年も前ではなく、私達の父母、祖父母の時代に
世界中で多くの尊い命が失われる戦争があった。

誰が悪い、どの国のせい、と非難し続けるのは簡単だ。
だが、非難しても失われた命は戻らない。
今を生きる私達に出来るのは
歴史から学び、犠牲になった人々のために祈り
未来に何が出来るか考えること。
そして次の世代のために、自分が出来ることを
粛々と行うことだと思う。




今も、世界の各地で、紛争や内戦や戦争がある。
最近では無差別テロも頻発している。
それらは決して、遠い国の出来事ではない。

戦争からは何も生まれない。あるのは破壊のみ。
そして戦争は、美しいものを破壊する。




美は心に潤いと余裕と、優しさを齎す。
心に潤いのある人は戦わない。
戦わない人が集まれば、戦争にはならない。
子供のように単純な思考であるが、私は本気でそう思っている。

だからこそ、私達は美を忘れてはならない。
美しいものを美しいと言える世の中を守らねばならない。




この世を動かす法則は、憎しみや争いではなく
愛と美こそが唯一の法則なのだから。





マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana

















2018年8月14日火曜日

婚活戦線とハイヒール②

はじめにお断りしておくが
もしかしたら、婚活中の方や
婚活パーティに出席経験のある方から見れば
「それは違う」という部分があるかもしれない。

私は婚活パーティに参加したことが無いので
全部のパーティが、今から綴るのと同じとは限らない。
また、婚活パーティの是非を問うものではないので
そこのところをご了承いただけるとありがたい。


では、私にとって未知の世界である
婚活パーティでは、どんなことが行われているのか?


一般的には

プロフィールシート記入
参加者全員、一人ずつトークタイム
気になる方のお名前をシートに記入
カップル発表(発表が無いパーティもあり)

というのが、だいたいの流れだそうだ。



まず、私が衝撃を受けた知人の一言。


「見た目で<有り>を取れなければ、先は無い。逆転はありえない。」


ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!! 

思わず顔文字が出てしまうほど呆然としたが
続きを聞いて納得した。

トークタイムで参加者の男性とお話をする時間は
お一人あたり5分程度。
わずか5分の会話で
相手に「この女性ともっとお話してみたい。」
という印象を与えられなければ
その後、誰からも連絡先をもらえないのだ。


実際、第一印象が好印象だった女性には
多くの男性からのアプローチが殺到し
逆に、せっかく参加しても、一人のアプローチも無い女性もいるそうだ。


何と言う過酷な世界であろうか…。
私など、聞いただけで腰が引けてしまうようなシビアさである。


このシビアな戦いを、どう切り抜けて勝利を掴むか。
戦いには戦略が必要だ。


ー続くー



























婚活戦線とハイヒール③

婚活パーティはある意味、激戦のバトルフィールド。 勝負は最初の一瞬で決まり、見た目で「有り」をとれなければ 逆転勝利は無い。 勝負は男性からもらった連絡先アプローチカードの数で、一目瞭然。 知人のシビアな言葉に、しばし考え込んでしまった私であった。 中には、カードを...