2018年6月11日月曜日

モニターレッスンを終えて

昨日6月10日、無事モニターレッスンを終えることが出来た。

まずはモニターさんになってくれた Miss Madeline
レッスンの場所を提供してくれた Miss Kitのお二人に感謝を申し上げたい。

レッスンの直前になって、マレーシア人のモニターさんで行うことを決めたので
賞味10日ほどで、レッスンの内容を全部英語で覚えなおす羽目になった。
とはいえ、全部完璧な英語で覚えるには時間が足りないため
要点だけ叩き込んで、あとはほぼ、ぶっつけ本番という荒業であった。


結局、どんなにスクリプトを完璧に覚えても
レッスンは生き物であり、その場で作り上げることが大切なので
要点だけ絞って叩き込んだのは正解だった。



今回が初めて、人様の身体を拝見し修正をかけることをしたが、
モニターさんは若い女性であったが、身体の癖というのは
年齢に関係なくあるということを実感した。
しかし、若いだけあって何度か修正をかけると
素直に身体が正しいポジションを取ってくるのには感動した。

終わった後、「こんなにハードだとは思わなかったわ。」
という感想を、真っ先にいただいた。(笑)
「でも、始める前と後では、身体の感覚が違うの。バランスが取りやすくなった。」
と仰っていただき、まずは少しでもレッスンが身体に入ったようだと
胸をなでおろした。

昨夜は、とにかくやり切っただけで、エネルギーを完全燃焼してしまい
帰宅してから倒れこむように寝ていた。

録画したビデオもこれから見直すので、きっと修正点が山盛りだろうと思う。




兎にも角にも、何とかモニターレッスンを終えて、清清しい気持ちである。
レッスン前日、場のセッティングを終えた時点で、師匠に写真を添えてメールをしたが
「愛に溢れた空間」とのお言葉をいただいた。
もしそうだとしたら、それは私だけではなく、家族、協力してくれた方
応援のメッセージを下さった美しき同期生
丁寧に質問に答えてくださった上に、色々お心遣いいただいた美しき先輩
愛を持って指導してくれた師匠
全ての方の愛が凝縮していたからだと思う。


未熟ながら、大変貴重な経験をさせていただいたことに
心から感謝を申し上げる。

ありがとうございました。


マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana






0 件のコメント:

コメントを投稿

与えられすぎは危険

半月近くもBlog更新が滞ってしまったが 先日、無事一時帰国から マレーシアへ戻ってきた 今回は、マレーシアに戻って直ぐ 仕事や子供のことで色々あり 以前のリズムに戻るのに、いつもより時間がかかってしまった。 書きたいことは色々あるので これから徐々に書いていこう...