2018年2月20日火曜日

ハイヒールに興味があるが 飛び込めない方へ

美しいハイヒールを見て、興味を持ち、
履いてみたいと思いながらも、飛び込めない。
そういう方は多いのではないかと思う。

ではなぜ、飛び込めないのか。


それは恐らく、巷に蔓延るハイヒールのネガティヴなイメージにより、
不安が膨らむからではないだろうか。

残念なことに、ハイヒールには、足が痛くなる、疲れる、外反母趾になる、
腰痛の原因、とネガティブなイメージが付きまとっている。
そのネガティブなイメージのせいで、
ハイヒールを履いて、痛かったらどうしよう、腰や膝を痛めたらどうしよう。
外反母趾になったらどうしよう、と不安になってしまうのだ。

そして、「私には無理」という結論に行き着いてしまう。


だが、もしもあなたがハイヒールを美しいと感じ、
心惹かれるのなら、思い切って飛び込んでみてはどうだろう。

人生の舞台に立つ で綴ったが、何かに憧れながら、
手を伸ばそうとせず眺めているだけでは、いつまでも観客席に居続けるのと同じだ。
自分の人生を主体的に、彩り豊かに生きたいと思うなら、
観客ではなく、演じる側にまわることだ。

どんなに興味があっても、憧れていでも。何も行動しなければ、
憧れはいつまでも憧れのままで、決して手は届きはしない。



私は今までずっと、見る側にいた。

外反母趾なので、ハイヒールなんて、とんでもないと思っていたし、
太い脚がコンプレックスで、この脚ではハイヒールを履いても
美しく見えない。だから履かない。
そういう選択をし続けていた。


今、私は10センチのヒールで修行中である。
1年と少し前までは、自分が10センチのハイヒールを履くようになるとは
思わなかった(笑)
しかも一番外反母趾には良くないと言われている
ポインテッドトゥの靴である。
まさか自分がポインテッドトゥが履けるとは、素直に驚いた。

自分の経験から申し上げるが、
何かに憧れているなら、まずはやってみることだ。
ハイヒールに興味があるなら、まずは足を入れてみること。

全てはそこから始まる。



マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana


























0 件のコメント:

コメントを投稿

ハイヒールの哲学という生き様 - コンサルティング卒業

「人生に革命を起こしましょう。」 昨年の12月7日 師匠とのコンサルティング開始の、ゴングが鳴った瞬間だった。 7月17日 7ヶ月に渡ったコンサルティングを卒業した。 初日に、これからどうなるのだろう。 本当に私に出来るのだろうか。 自分で受講を決めたとは言...