2018年5月27日日曜日

4センチの新たな世界

少し前の事だが、ある方から嬉しいお話を聞かせていただいた。

その方は1年近く前、骨格診断のセッションをさせていただいた方。
私が骨格診断を勉強したのはずいぶん前なのだが
オンラインでセッションが出来るか
お試しセッションにお付き合いいただいたのだ。


実際に骨格を拝見出来ないので、簡易的なものではあるが
簡単な資料を作ってお渡しし、とても喜んでいただけた。
そして今年の春、お子さんの卒入学式に着用するスーツを新調する際、
私が以前お渡しした資料を参考に購入されたそうだ。

店員さんのお勧めに流されることなく、ご自分で色々考えながら選ばれたそうで
「とても納得のいく買い物が出来ました。」とお喜びいただけた。
本当に簡易的な診断であったのだが、少しでもお役に立てたことが
とても嬉しかった。


更に私を幸せにしたのは
それは、その方がパンプスを購入されたことだった。
実は彼女はセッションをした時
「ヒールが苦手。」と仰っていたのだ。



自然を愛し、キャンプや登山を愛する彼女は
アウトドア用品やトレッキングシューズが大好き。
ヒールは苦手で、ほとんど履かないと仰っていた。

しかし私のBlogを読まれて、ハイヒールがスポーツであると知り、
興味を持ったと言って下さった。
そして今回のお買い物では、パンプスを購入されたとのこと。
メールでその事を知った時、私は思わず手を叩いて喜んでしまった。

「セレモニー用でヒールは太いし、4センチくらいなんです。」と
控えめに仰るが、今まで苦手だったヒールを履いてみようという
その意欲が素晴らしい。
今までより、ほんの4センチ高い世界。
だが大きな挑戦の世界。


人生は、ほんの少しのきっかけで 大きく変わることがある。
新しい事を試すというのは、勇気がいるが、
勇気を出しただけ、自分の選択の幅が広がるのだ。
トレッキングシューズもパンプスも
両方を自在に履きこなす女性がいたら、とても素敵だと思う。



ハイヒールは、決して気取って歩くためだけのアイテムではない。
Blogでも度々書いているように、本当に全身の筋肉を使うスポーツだ。
自分はスポーティなタイプだから、アウトドアが好きだから
ハイヒールなんて女っぽい物は似合わない、と思っている方にこそ
是非ハイヒールを履いてみていただきたい。

ハイヒールが女らしいアイテムだからこそ
スポーティな貴女の魅力と掛け合わされて
貴女だけのエレガンスが生み出される事は間違いない。


マレーシア クアラルンプールより愛を込めて
Nana















0 件のコメント:

コメントを投稿

ハイヒールの哲学という生き様 - コンサルティング卒業

「人生に革命を起こしましょう。」 昨年の12月7日 師匠とのコンサルティング開始の、ゴングが鳴った瞬間だった。 7月17日 7ヶ月に渡ったコンサルティングを卒業した。 初日に、これからどうなるのだろう。 本当に私に出来るのだろうか。 自分で受講を決めたとは言...