2018年1月31日水曜日

Dear my son, Azumi

今日は長男の誕生日。
今日で20歳。日本では成人である。


彼の今までの人生は、私がマレーシアで過ごした人生と、ぴったり重なる。
結婚するためにマレーシアに移住し、結婚後すぐに長男を授かった。

当時はインターネットが普及していなかったので、
日本の妊娠、出産の情報と言えば、クアラルンプールで購入した1冊の本と、
友人からもらった、日本の妊婦雑誌数冊が頼りだった。


私はそれまで大きな病気や怪我をしたことが無く、
出産のための入院が、人生で初の入院だった。
健康には自信があり、妊娠中の経過も良かったため、
何の疑いも無く、自然分娩で簡単に出産が出来ると思っていた。
それは大きな誤算だったと、出産の時に思い知らされることになるのだが。



子宮口が開かず、陣痛促進剤を打ち、10時間近い陣痛の後。
会陰切開をして、あと1プッシュで全てOK、というところで、
胎児の頭がひっかかって出ないという事態になった。
3回吸引をしたが、やはりダメで、
どうやら臍の緒が首に巻き付いていたらしい。

緊急帝王切開が言い渡された。
緊張の糸が切れ、痛みに耐え切れずに叫ぶ私に、
「OK, It's OK」
と声をかけながら、
ドクターが会陰切開したところを、ブスブスと縫っていた感覚を覚えている。


午後10時半に出産。
全身麻酔による帝王切開だっため、長男に会えたのは翌日の午後だった。

やっと会えたわが子は、3回も吸引されて頭には吸引機の跡がつき、
頭の形が少し長くなっていた。
取り出された時は、既に手足が青く、冷たくなっていたというから、
頑張って生まれて来てくれたことが、本当に愛しかった。


が、赤ちゃんを見た次の瞬間


「おっぱいをあげなきゃ!」
と思った私は、いきなりベッドの上に起き上がった。
もちろん帝王切開後で、動ける状態ではなかったはずなのに、
人間の精神力というのは、時に物凄い力を発揮する。

側にいた看護師さんが、慌てて私を止め、
「全身麻酔で帝王切開して、起き上がった人は始めてよ。」
と呆れていた(笑)



そんな出産劇を経て始まった、長男との生活。
当時は専業主婦で、時間はたっぷりあったはずなのに、
彼が赤ちゃんだった頃、小さかったときのことは、
切れ切れにしか覚えていない。

それだけ、私自身がマレーシアでの生活に慣れるのに必死だったのだろう。
多分、子育ても必死だったのだと思うが、それすら覚えていない。
今思うと、本当にもったいなかった。
もっと子育てを楽しめばよかった。
正直、そう思うこともある。


小さい頃は甘えん坊で、繊細で泣き虫だった長男。
大きくなると、無口だけれど責任感の強い子になった。
目だったことはしなくても、なぜか人に頼られ、信頼される。
それは彼の美点だと思う。

その反面、やはり私の血を引いているだけあって、
なかなか強情で暴れん坊な顔を隠し持っている。




親子というが、実は親のほうが、子供に育てられていると思うこのごろ。
子供たちがいなかったら、きっと私はとんでもなく傲慢で、
ひとりよがりな人間になっていたに違いない。

3人の子供の中でも、先陣を切って私のもとへやって来てくれて、
何もかもが初めてのなか、一緒に奮闘してくれた長男。

4年ほど夫が単身赴任をし、子供たちと私だけの生活をした時。
私を支え、弟や妹にとって父親の役割までしてくれたのが、
当時10歳だった長男だった。
彼がいなかったら、到底乗り切れなかったことはいくつもある。


2年前、彼が大学に入るときに、
「あなたはママにとって、マレーシアで血が繋がった最初の家族。
ママのところに来てくれてありがとう。
あなたのことを心から誇りに思っているし、心から愛してる。」
と伝えた。
長男の返事は。「おう」だけだったけれど、
目が赤くなっているのを、私は見逃さなかった。




私の、親としてのステージのひとつは終わった。
あとは、自分の人生を行く彼の背中を押すだけ。
彼には、自分の魂に従い、情熱を持って、
どこでも好きなところに羽ばたいて欲しいと思っている。

私の新たな役割は、私の道を行き、私の生き様を見せること。
そして、彼が私の元に帰ってきたときはいつでも、
両手を広げて、お帰り、と迎えることだ。

いつでも、どこにいても、いくつになっても、
彼は私の、初めてのベイビーで、初めての血の繋がった家族なのだから。
私がこの世を去る瞬間まで、それは変らない。



お誕生日おめでとう。
そして、成人おめでとう。






Kepada Azumi yang anak mama tersayang,

Terima kasih pada lahir sebagai anak surung mama.
Mama sayang  dan sangat bangga Azumi yg tersayang.

Selamat Hari Jadi.
Semoga Tuhan kurniakan kamu.

mama






0 件のコメント:

コメントを投稿

一歩引いてみる

気が付けば4日間もBlogを更新していなかった。 インターネットの速度があまりに遅く、レッスンに支障をきたすので 9月に入ってから、新しいパッケージを契約した。 ネットの速度が上がり、快適!と思っていた矢先 なぜか私のパソコンだけがネットに繋がりにくくなる事態が発生。...