2017年12月13日水曜日

新しいハイヒールを探して

現在、私が持っているハイヒールの高さは8センチ。

1年前はこのヒールの高さが、ずいぶんと高く感じたものだ。
昨日のハイヒールレッスンで、Asami先生から
「nanaさんに8センチではもう低すぎるので、できれば10センチ以上のものを」
というお話があった。


10センチのハイヒール。
それは私にとって未知の世界。


ハイヒールは私にとって、憧れのアイテムであると同時に、
挑戦アイテムでもある。



私の足はもともと偏平足であり、
右足は外反母趾を発症している。
この足で10センチ以上のハイヒールが履きこなせるようになるのか。
それはまだ分からない。


一昔前は、外反母趾は合わない靴のせいであり、
爪先が細い靴や、ハイヒールのせいであると言われていた。
しかし、幅が広い靴を履こうが、スニーカーを履こうが、
マレーシアに来てからは、靴どころかビーチサンダルで日常を過ごそうが、
外反母趾は改善せず、進行する一方だった。


それであれば、外反母趾を靴のせいにする理由はない。
もちろん、無理は禁物だが、私はあきらめたくなかった。
もしもハイヒールに興味がなければ、
ハイヒールを履かないという選択肢もあるだろう。
でも私はハイヒールという美しいものを、どうしてもあきらめたくなかったのだ。


ハイヒールは私にとって、美しき挑戦アイテム。


今月中に新たなハイヒールを迎えようと、ネットで色々と検索中である。
残念ながら、ルブタンはマレーシアにショップが無いので、
ルブタン以外で探すことになる。


美しい靴が載っているウエブサイトを見ると、それだけで心が躍る。
今週末は既に予定が入っているから、次の週にショップに行ってみよう。
さて、私の元にはどんな10センチハイヒールが来るだろうか。
想像するとたまらなくワクワクする。











0 件のコメント:

コメントを投稿

ハイヒールの哲学という生き様 - コンサルティング卒業

「人生に革命を起こしましょう。」 昨年の12月7日 師匠とのコンサルティング開始の、ゴングが鳴った瞬間だった。 7月17日 7ヶ月に渡ったコンサルティングを卒業した。 初日に、これからどうなるのだろう。 本当に私に出来るのだろうか。 自分で受講を決めたとは言...