2017年12月22日金曜日

何のためにやるか

実は、私は運動が嫌いだ。





筋肉質の体型のため、よく 
「毎日走っているんですか」とか、 
「週何回ジム行ってるんですか?」と聞かれるが、 
ダンスとハイヒールレッスン以外、何もしていない。 
あとは気が向けば水泳をするくらいだ。

 そもそも、「身体を鍛える」ためのトレーニングには興味が無いので、
 ジムで黙々とマシントレーニングをするなど、絶対に続かない。
 ストイックにジムでトレーニングをされている方には申し訳ないのだが、
 ジムは私にとっては苦行でしかないし、
 マラソンなど聞いただけで気が遠くなりそうだ(笑)




そんな私だが、ハイヒールレッスンとダンスのためのストレッチや
エクササイズは毎日行っている。
なぜ毎日出来るのか。
それは、目的が体を鍛えるためや単に健康のためでなく、
「美しくあるため」だから。




例えば、ハイヒールレッスン前のストレッチ。
始めた当初は、ヒップのストレッチをすると、 
ヒップがちぎれるかと思うほど痛かった。
あまりに痛いので、ヒップのストレッチは飛ばそうかと何度思ったか。

飛ばしてしまいたいのをグッとこらえて続けるうちに、
だんだんヒップが柔らかくなってきたのか、
ストレッチが痛くなくなってきた。

これも、「ヒップを柔らかくしたいから」ではなく、
「ハイヒールを美しく履きこなしたい」と思うから出来るのだ。
美しくあるためのストレッチやエクササイズなら、
それが難しくても、多少辛くても、楽しみながら続けることができる。





どうやれば自分の体が変るのか。
改善してきたと思えるのはどこか。
昨日より1ミリでも、変化を感じられるのはどこか。
私は相当オタク気質なので、
こうなると人体実験のような感覚でのめり込んでしまう。(笑)




私と1日違いでコンサルティングを始められたMakiさんは、
現在妊娠6ヶ月でいらっしゃるそうだ。
だんだんと大きくなるお腹で、ハイヒールレッスンをされているのかと思うと、
その精神力に驚く。


きっとMakiさんも、ご自分が定められた目標があるから、
ぶれずにレッスンを受けられるのだろうと思う。

Makiさんが腹筋と美しい上半身の関係で、
ハイヒールで美しく歩く上での、重要な腹筋の使い方のポイント4つを、
分かりやすくまとめられている。


Makiさんの文章は感性と理性のバランスが素晴らしい。
最近では文章に柔らかさも加わって、
どんどん進化されているのが感じられる


もちろんお会いしたことはなく、
ブログを通じてしか存じ上げないのだが。
遠く離れていても、同じ時期にコンサルティングに挑まれて
いらっしゃるのは本当に励みになる。


私のブログをお読み下さっている皆さまには、
Makiさんの美しき世界も、ぜひご覧になっていただきたいと思う










sub RosaFacebookInstagramをオープンいたしました。
ブログ右のSNS欄リンクよりご覧いただけます。
Instagramでは、マレーシアの様子などを投稿していきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。





0 件のコメント:

コメントを投稿

ハイヒールの哲学という生き様 - コンサルティング卒業

「人生に革命を起こしましょう。」 昨年の12月7日 師匠とのコンサルティング開始の、ゴングが鳴った瞬間だった。 7月17日 7ヶ月に渡ったコンサルティングを卒業した。 初日に、これからどうなるのだろう。 本当に私に出来るのだろうか。 自分で受講を決めたとは言...